饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(224)

イバンカはミシェルに勝てるか? 米新政権「ファーストレディー」の発信力

執筆者:西川恵 2017年1月18日
エリア: 北米
ファーストレディーの役割を担うと見られるイバンカさん。その手腕は……(C)AFP=時事

 

 米国のトランプ新政権がスタートする。私の関心の1つは、オバマ時代にさまざまなメッセージの発信拠点となってきたホワイトハウスの強力なソフトパワーがどうなるかだ。個人的には権力の中枢としての性格は強まりこそすれ、ソフトパワーという面ではあまり期待できないのでは、と感じている。

 

「米国のショーウィンドウ」

 トランプ大統領(70)のメラニア夫人(46)は子供の教育のためしばらくニューヨークに残り、ホワイトハウスには住まない。そうしたなか注目はトランプ大統領の最初の妻の娘イバンカさん(35)だ。彼女の夫のクシュナー氏が大統領上級顧問になるため一緒にホワイトハウス入りするとみられ、ファーストレディーを務める可能性が高い。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)、さらに『知られざる皇室外交』(角川書店)が発売中。
クローズアップ
comment:3
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top