【木】バノン、シンゾー・ドナルド関係

執筆者:フォーサイト編集部 2017年2月23日

昨日午後、会田弘継さんの好評連載「国際論壇レビュー:トランプの黒幕『バノン』の世界観(5)『オルタナ右翼』と日本文化の親和性」をアップしました。バノン氏が運営していたサイトは「オルタナ右翼」の論客たちの場でしたが、実は彼らの主張の中には日本文化との親和性も垣間見えます。それが日米関係にどう影響していくか――。

そして今朝は、「専門家の部屋」の「日本外交」に「『シンゾー・ドナルド関係』は国際政治にどんなインパクトを与えるのか」(村上政俊さん)の新エントリ。「シンゾー・ドナルド関係」の本格的なスタートは、覇権国アメリカが、その筆頭パートナーに日本を選んだということであり、国際政治の中心に躍り出たということなのです。

 

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top