【火】北朝鮮を守る理由、華人メディアの現在

執筆者:フォーサイト編集部 2017年3月7日
タグ: 一帯一路

本日の更新記事は、宮本雄二・元中国大使の「中国が『北朝鮮を守る理由』はなくなりつつある」です。これまで「鮮血を以て作り上げた友誼」とされてきた中朝関係ですが、それは虚飾であるという認識が広まり、中国人の感情も冷めてきています。

「専門家の部屋」では、「東南アジア」に「『金正男暗殺事件』報道で注目:『華人メディア』の現在と『中国政府』の影」(樋泉克夫さん)の新エントリ。事件の報道では珍しく「華人メディア」の引用が目立ちましたが、実は経営的に中国資本の割合が大きいことはあまり知られていません。これも中国の「一帯一路」戦略の一環なのでしょうか。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top