【木】インド「徳政令」、ヘイリー国連大使

執筆者:フォーサイト編集部 2017年4月27日
タグ: 国連

昨日午後、「専門家の部屋」の「インド」に「『借金帳消し』という危険な『人気取り政策』」(緒方麻也さん)をアップロードしました。ウッタルプラデシュ州議会選挙に勝利した与党が、農民の借金の一部を帳消しにするという措置を発表しました。これぞインド名物「徳政令」ですが、その財源は納税者のカネ。モラルの低下は深刻です。

 

そして本日は、「専門家の部屋」の「国際機関」に「トランプ大統領の意思を『忖度』するヘイリー米国連大使」(鈴木一人さん)の新エントリです。政権発足から3カ月を過ぎ、アメリカの外交で存在感を増しているのが、ヘイリー米国連大使。でもその活躍の裏には、トランプ大統領の意思を「忖度」せざるを得ない事情がありました。

 

 

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top