【水】バルセロナテロ、インドネシア「多様性」
   福島「汚染水」

執筆者:フォーサイト編集部 2017年8月30日
カテゴリ:

昨日の午後、以下の2本の記事をアップロードしました。

 

「カタルーニャ州独立」への試金石となった「バルセロナ・テロ」(ヨーロピアン・ラプソディ・大野ゆり子さん)ガウディの教会爆破計画もあったテロ。州警察の迅速な対応に称賛が集まり、事件とは別に、以前から懸案となっている州独立の行方にも注目が。

 

「イスラム保守派」が脅かすインドネシアの「多様性の中の統一」(東南アジアの部屋・川村晃一さん)特定の民族や宗教が優越することを許さず、「多様性の中の統一」を国是に掲げているインドネシア。しかし、イスラム保守派の台頭で、それが揺らぎつつあります。

 

そして本日の更新記事は、寺島英弥さんの「『汚染水』と闘って逝った福島『漁協組合長』が残した『宿題』」です。震災後、福島の漁業を「正常化」させるため、病気を抱えながら「汚染水」と闘った方がいました。その志は、若い世代にも受け継がれています。

 

 

 

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top