【木】米議会「不信」、ドイツ「対中国傾斜」

執筆者:フォーサイト編集部 2017年9月28日
タグ: メルケル

昨日午後、「専門家の部屋」の「アメリカ」に「米議会『支持率低迷』にトランプ政権はどう対応できるか」(足立正彦さん)をアップロードしました。大統領と同様、議会も米国民からの支持を失いつつあります。そのせいか、最近になって民主党議員の取り込みに躍起になっているトランプ大統領、功を奏するかどうか――。

 

本日の更新記事は、フォーサイトには久々の執筆となります、元共同通信のウィーン支局長で現・名古屋大学教授の中村登志哉さんによる「『右翼台頭』『対中傾斜』の4選メルケルは何処へいく」です。予想通りの4選ですが、気になるのは右翼政党の台頭。そして経済的に対中国傾斜だった政策がどうなるか。それによってドイツの行方、日本の対策も変わります。

 

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
キャンペーンお申し込み
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top