「党首交代」「外相断念」大連立合意でもドイツ「社会民主党」混迷

執筆者:花田吉隆 2018年2月21日
カテゴリ: 国際 政治
エリア: ヨーロッパ
地位に目が眩んだか、発言をクルクル変えるSPDシュルツ党首(C)EPA=時事

 

 ドイツで社会民主党(SPD)の混迷が止まらない。

 2月7日、4カ月半にわたる苦難の交渉の末、キリスト教民主社会同盟(CDU/CSU)との間の大連立に向けた協議がまとまり、SPDは、先の総選挙で得票率20.5%と歴史的大敗を喫したにしては多くの譲歩をキリスト教民主同盟(CDU)から勝ち取った。とりわけ、それまでCDUの牙城であり、政策実現にとり絶対的権限を持つ財務相ポストを手に入れ、これで3月4日に判明するSPD全党員による選挙もなんとか乗り切れるのではないかとの見方も広がった(2018年2月15日「ドイツ『連立合意』で近づく『メルケル政権』の終焉」参照)。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
花田吉隆 元防衛大学校教授。1977年東京大学法学部卒業。同年外務省入省。在スイス大使館公使、在フランクフルト総領事、在東ティモール特命全権大使、防衛大学校教授などを歴任。
クローズアップ
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top