経済の頭で考えたこと
経済の頭で考えたこと(98)

バチカン「科学アカデミー」新会長がプロテスタントという「意味」と「役割」

問題解決を図るため、ローマ法王は「変化」を恐れない姿勢を示している (C)AFP=時事

 

 アフリカ大陸における地域秩序の維持問題は、EU(欧州連合)の統合過程と連動し始めた。2015年にシリアとリビアからの難民がEUに押し寄せると、次のような動きが時差をともなって連鎖したのである。

難民発生→トルコ・ギリシャなどでの一時滞留→アンゲラ・メルケル独首相の100万人単位での受け入れ宣言→難民の受け入れによる治安課題の深刻化→難民排除を唱える極右勢力の台頭→欧州各国で、ポピュリズムは制御可能かという政治課題の発生→他方、難民排除の徹底を期す旧東欧各国に対するブリュッセル(EU本部の所在地)の違和感の高まり→EU統合は、「多段階スピードによる調整」という実質上の統合過程の停止→ロシアの軍事攻勢への欧州による共同対応は可能かという、EUにとっての存立基盤問題の発生

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
田中直毅 国際公共政策研究センター理事長。1945年生れ。国民経済研究協会主任研究員を経て、84年より本格的に評論活動を始める。専門は国際政治・経済。2007年4月から現職。政府審議会委員を多数歴任。著書に『最後の十年 日本経済の構想』(日本経済新聞社)、『マネーが止まった』(講談社)などがある。
クローズアップ
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top