「成果」よりも「対話続行」に意味ある「メルケル・プーチン会談」

8月18日、ドイツ・メーゼベルクで行われたプーチン露大統領(左)とメルケル独首相(右)の会談。成果は? (C)AFP=時事

 

 8月18日、アンゲラ・メルケル独首相とウラジーミル・プーチン露大統領との今年2回目の会談が、ベルリンから北方60キロに位置する古城メーゼベルクで行われた。メーゼベルク城はドイツ政府が賓客接遇用に使っているところで、2010年6月には当時のドミートリー・メドベージェフ露大統領も来訪している。

 プーチン大統領はその日、メーゼベルクへの途上オーストリアに立ち寄り、シュタイアマルクの南に位置する、とある村のワイン居酒屋「チェッペ」で行われたカリン・クナイスル・オーストリア外相の結婚式に参列した。プーチン大統領が外国要人の結婚式に参列するのは異例である。クナイスル外相は無党派ながら極右政党で連立の一翼を担うオーストリア自由党の推薦で入閣した人物である。外相としてのクナイスル氏は親ロシアの姿勢を鮮明にしているし、何より、オーストリア自由党はフランスの国民連合やイタリアの同盟と並び、ロシアとの友好関係を誇る政党である。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
花田吉隆 元防衛大学校教授。1977年東京大学法学部卒業。同年外務省入省。在スイス大使館公使、在フランクフルト総領事、在東ティモール特命全権大使、防衛大学校教授などを歴任。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top