「大失言」で決選投票にもつれ込んだジョージア史上初「女性大統領」候補

執筆者:前田弘毅 2018年10月31日
エリア: ヨーロッパ ロシア
決選投票で史上初の女性大統領になれるか(C)AFP=時事

 

 ジョージア(グルジア)を中心部に置くコーカサス(カフカス)地方は、ユーラシアの歴史の中で常に特異な地位を占めてきた。それは、何よりもこの地域だけでしか話されていない孤立言語の存在からも明らかであろう。

 一方、ジョージア人は遠くモンゴルから中東全域、そしてヨーロッパ各地にまで歴史的にその足跡を残してきた(米ジョージタウン大学国際関係論・統治学教授チャールズ・キング著『黒海の歴史』など参照)。

 筆者は、四半世紀にわたって狭義の専門としてはアーリー・モダン(近世、初期近代)イラン世界におけるジョージア・コーカサス系エリートの政治活動を追ってきたが、その過程で、ジョージアだけではなく、中国からイラン、トルコ、東欧各地、西欧主要国、アメリカなど様々な地域を訪れる機会を得た(なお、まだ建設中であるが、関心の向きは筆者のウェブサイトも参照されたい)。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
前田弘毅 首都大学東京人文社会学部教授。1971年、東京生まれ。東京大学文学部東洋史学科卒業、同大学大学院人文社会系研究科博士課程修了、博士(文学)。大学院在籍中にグルジア科学アカデミー東洋学研究所に留学。北海道大学講師・客員准教授、大阪大学特任助教・招へい准教授、首都大学東京都市教養学部准教授などを経て、2018年より現職。著書に『多様性と可能性のコーカサス』(編著、北海道大学出版会)、『ユーラシア世界1』(共著、東京大学出版会)、『黒海の歴史』(監訳)『コーカサスを知るための60章』(編著)『イスラーム世界の奴隷軍人とその実像』(ともに明石書店)、『グルジア現代史』(東洋書店)など。ブログはこちら【https://www.hmaeda-tmu.com/】。
クローズアップ
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top