「再登場」「後継者」「反難民」3候補が争う独「CDU党首選」事情

執筆者:花田吉隆 2018年11月26日
カテゴリ: 国際 政治 社会
エリア: ヨーロッパ
いまだ混沌としている「メルケル後」(C)AFP=時事

 

 12月7日から2日間にわたり行われるキリスト教民主同盟(CDU)党首選は、10月29日、アンゲラ・メルケル党首が出馬を断念したことにより、事実上、アンネーグレット・クランプ=カレンバウアー幹事長、イェンス・シュパーン保健相、フリードリッヒ・メルツ元議員団長の3人で争われることになった。

 この3人のうちだれが党首に選出されるかは、CDUのみならず、今後のドイツとヨーロッパの行方を左右する。

「過去の人」が再登場

 今回の一連の動きでとりわけ注目されるのが、メルツ氏が突如として現れ、しかもメルケル首相が出馬断念を表明した後、間髪を入れず同氏が出馬を明らかにしたことだ。バイエルン州とヘッセン州でキリスト教社会同盟(CSU)とCDUが大敗するだろうことは早くから予想されていた。政治の流れを嗅ぎ取ることにかけては人一倍鋭い嗅覚を発揮する政治のプロが、バイエルンとヘッセン後を考えていなかったわけがない。実にドイツ政界では、この日に備え、メルツ氏を中心にしたメルケル後に向けての動きが密かに進行していたことになる。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
花田吉隆 元防衛大学校教授。1977年東京大学法学部卒業。同年外務省入省。在スイス大使館公使、在フランクフルト総領事、在東ティモール特命全権大使、防衛大学校教授などを歴任。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top