サイバーウォー・クレムリン
サイバーウォー・クレムリン(21)

「徴兵逃れ」に「財政問題」人手不足に喘ぐ「ロシア軍」の窮状

執筆者:小泉悠 2018年12月10日
エリア: ロシア
プーチン大統領が狙うは軍の「少数精鋭化」 (C) EPA=時事

 

 ロシアと言えば軍事大国というイメージがあるが、その兵力は世界で突出して大きいわけではない。

北朝鮮よりも小規模

 2017年にウラジーミル・プーチン大統領が発出した大統領令では、現在のロシア軍の総兵力は約101万3000人(それまでは100万人ちょうど)とされている。米国(130万人)、中国(203万人)、インド(144万人)といった他の大国に比べるとかなり少なく、120万人とされる北朝鮮よりもなお小さい。他方、国土面積がロシアの45分の1しかない日本の自衛隊でさえ、総兵力は24万人と、ロシア軍の4分の1近くになり、韓国軍でも62万人に上る。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
小泉悠 1982年千葉県生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科修了。民間企業勤務を経て、外務省専門分析員、ロシア科学アカデミー世界経済国際関係研究所客員研究員として2009年~2011年ロシアに滞在。公益財団法人「未来工学研究所」で客員研究員を務めたのち、2019年3月から東京大学先端科学研究センター特任助教。専門はロシアの軍事・安全保障。主著に『軍事大国ロシア 新たな世界戦略と行動原理』(作品社)、『プーチンの国家戦略 岐路に立つ「強国」ロシア』(東京堂出版)。ロシア専門家としてメディア出演多数。
クローズアップ
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top