「メルケル後継」CDU党首選「運命の35票」分岐の点と線

執筆者:花田吉隆 2018年12月20日
タグ: メルケル
エリア: ヨーロッパ
中央がCDUの党首選を制したクランプ=カレンバウアー氏。左がシュパーン氏、右がメルツ氏 
(C)AFP=時事
 

 12月7日、ドイツ・ハンブルクで行われたキリスト教民主同盟(CDU)党首選挙はドイツおよびヨーロッパにとり、極めて重要な出来事だった。誰が次期党首――つまり次期首相の可能性が最も高い人物――に選出されるかは、ドイツはもとよりヨーロッパの今後を決めると言っても過言ではない。メルケル路線が継続されるのか、あるいは転換されるのか――。

 結果は、12月12日の拙稿「ドイツ与党『CDU』新党首が問われる『2つの焦点』」でも伝えた通り、メルケル路線継続派のアンネーグレット・クランプ=カレンバウアー幹事長が新たな党首に選出された。

カテゴリ: 国際 政治
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
花田吉隆 元防衛大学校教授。1977年東京大学法学部卒業。同年外務省入省。在スイス大使館公使、在フランクフルト総領事、在東ティモール特命全権大使、防衛大学校教授などを歴任。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top