ヨーロピアン・ラプソディ
ヨーロピアン・ラプソディ (18)

サウジアラビアの「支援拒否」で文化と経済の狭間に揺れる「伊スカラ座」

スカラ座(イタリア)はサウジアラビアの資金援助を拒否することになるのだろうか…… (スカラ座公式サイトより)

 

 日本で『椿姫』として知られているジュゼッペ・ヴェルディのオペラは、原題を『La Traviata 』――直訳すると「道を踏み外した女」という。

 アレクサンドル・デュマ・フィスの小説・戯曲『椿姫』を読んで感激したヴェルディは、高級娼婦の純愛をテーマにオペラを書くことを決意する。

「道を踏み外した女」の「声」

 舞台は19世紀前半。この頃、羽振りの良い貴族や、産業革命でひと財産を築いた新興ブルジョワジーは、瀟洒なアパルトマンに美貌の女性を囲い、夜毎、社交界のお歴々を集めパーティーを主催していた。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
大野ゆり子 エッセイスト。上智大学卒業。独カールスルーエ大学で修士号取得(美術史、ドイツ現代史)。読売新聞記者、新潮社編集者として「フォーサイト」創刊に立ち会ったのち、指揮者大野和士氏と結婚。クロアチア、イタリア、ドイツ、ベルギー、フランスの各国で生活し、現在、ブリュッセルとバルセロナに拠点を置く。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top