旧ソ連圏の「閉塞」に風穴開けたウクライナ「コメディアン大統領」

圧勝したゼレンスキー新大統領だが…… (C)EPA=時事

 

 4月21日のウクライナ大統領選・決選投票で、70%以上の得票で圧勝したウォロディミル・ゼレンスキー氏(41)は、政治経験のないコメディー俳優という変り種だ。東部の内戦や経済危機が長期化し、国民の約1割が欧州など国外に移住するという停滞の中で、既存政治家への不満が高まり、政治・社会の刷新を訴えて勝利した。政治基盤を持たず、国民的人気が頼りという綱渡りの治世となるが、その勝利は旧ソ連圏全体を覆う閉塞感に変化をもたらす可能性もある。

カテゴリ: 政治 社会 軍事・防衛
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)、『北方領土はなぜ還ってこないのか』(海竜社)など。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top