北極冒険家「極地便り」

 冒険家の荻田泰永氏(41)が「北極圏を目指す冒険ウォーク2019」と銘打ち、カナダ北東部バフィン島を12人の若者と歩いている。4月7日に南部のパングニタングを出発し、1カ月かけて北部のクライドリバーまで600キロの道のりを踏破するという。『北極冒険家「極地便り」』では、極北の地からさまざまな障害(主に通信!)を乗り越え彼らが発信してくれる現地レポートを毎日お届けする。

 

 

北極冒険家「極地便り」(34)

【5月11日】日本へ帰国!

執筆者:フォーサイト編集部 2019年5月13日
カテゴリ: 国際
エリア: 北米
今回の冒険はかけがえのない「財産」になった

 

 5月11日15時半過ぎ、荻田チームを乗せたエアカナダ「AC001」便が無事に羽田空港に着陸しました。親族や関係者が駆け付ける中、真っ黒に日焼けし、 1カ月半前よりほっそりした一行が登場。

 東京の暑さに驚きつつも、ホッとしたメンバーもいれば、早くも「北極に帰りたい」と言うメンバーも――。

 思い思いに冒険を振り返ってくれました。

 

 

<通信担当・諏訪順也(24)>

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top