逆風はねのけ「モディ与党圧勝」インド総選挙総括り

執筆者:緒方麻也 2019年5月29日
カテゴリ: 国際 政治 社会

圧勝でも問題は山積み(C)AFP=時事

 

 有権者約9億人という文字通り「世界最大の民主主義」を実践する5年に1度のインド総選挙が5月23日に開票され、カリスマ的人気を背景に経済改革「モディノミクス」を推進してきたナレンドラ・モディ首相率いる与党「インド人民党(BJP)」が再度圧勝して政権続投を決めた。

 初代首相ジャワハルラル・ネールやインド版「鉄の女」インディラ・ガンディーらを輩出したガンディー家4代目ラフル・ガンディー総裁の最大野党「国民会議派」は、農村の困窮や雇用創出の失敗、そしてフランス製戦闘機導入をめぐる「ラファール疑惑」などに対する政権批判が有権者に響かず、前回2014年総選挙と同様の完敗となった。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top