ベネズエラで「取引」探る米ロの「思惑」

執筆者:古葉祥太 2019年6月26日
エリア: 北米 中南米 ロシア
ベネズエラを切り札に2人が画策する「取引」とは…… (C)AFP=時事

 

 ドナルド・トランプ米大統領とロシアのウラジーミル・プーチン大統領が、6月28日から大阪で開催される20カ国・地域首脳会談(G20)に合わせて、首脳会談を開く方向で調整している。2016年の米大統領選へのロシアの介入を巡る捜査でトランプ陣営の共謀が立証されなかったことを受け、接近する機会をうかがう。両者が駆け引きを繰り広げるのは、反米のマドゥロ政権と反体制派の対立が続くベネズエラの問題だ。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
古葉祥太 ジャーナリスト
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top