「バグダディ急襲作戦」知りながら米軍撤収:トランプ大統領の戦略に強い疑問

執筆者:春名幹男 2019年10月29日
タグ: CIA
エリア: 北米 中東
トランプ大統領は意気揚々とバグダディ容疑者の死亡を発表したが……(C)AFP=時事

 

 シリア北西部のイドリブで、米陸軍特殊部隊「デルタフォース」による鮮やかな急襲作戦に追い詰められ、自爆装置を爆破させて自殺したと伝えられる過激派組織「イスラーム国」(IS)指導者アブバクル・バグダディ容疑者。

 ドナルド・トランプ米大統領は、この成果を自賛し、彼の潜伏先を「2週間前」にほぼ突き止めていた、と明らかにした。

 この発言に対して、米国の情報および軍事、対テロの専門家の間で、強い疑問が広がっている。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男 1946年京都市生れ。国際アナリスト、NPO法人インテリジェンス研究所理事。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授、早稲田大学客員教授を歴任。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『米中冷戦と日本』(PHP)、『仮面の日米同盟』(文春新書)などがある。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top