中国人「亡命スパイ」が実名暴露した「香港・台湾工作」の実態

執筆者:山田敏弘 2019年11月27日
エリア: アジア
インタビュー映像はYouTubeでも視聴できる(「60ミニッツ オーストラリア」より)

 

 昨年秋、筆者は台湾の内閣に当たる「台湾行政院」の「資通安全処(情報通信安全局=サイバーセキュリティ局)」で局長を務める簡宏偉氏に話を聞く機会があった。

 簡局長は、中国が「サイバー攻撃の実験場」だと見なしている台湾のサイバーセキュリティ政策を取り仕切るトップである。

 すぐ後に台湾の統一地方選挙(2018年11月24日)を控えていた簡局長は、こう語っていた。

「台湾では間もなく統一地方選挙がありますが、虚偽の情報(フェイクニュースなど)を広めるキャンペーンが行われている。メディアの記事にも紛れ込んでいます。これらの工作が中国から行われていることは、はっきりと把握しています。しかも虚偽の情報は、中国本土からではなく、台湾国内のメディア関係者や台湾人から発信されている。私たちは、サイバー空間での捜査などを行っていて、彼らが台湾に入った中国の工作員などを通して中国政府から金銭的な支援を受けていることも突き止めています」

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
山田敏弘 ジャーナリスト、ノンフィクション作家、翻訳家。講談社、ロイター通信社、ニューズウィーク日本版などを経て、米マサチューセッツ工科大学(MIT)のフルブライト研究員として国際情勢やサイバー安全保障の研究・取材活動に従事。帰国後の2016年からフリーとして、国際情勢全般、サイバー安全保障、テロリズム、米政治・外交・カルチャーなどについて取材し、連載など多数。テレビやラジオでも解説を行う。訳書に『黒いワールドカップ』(講談社)など、著書に『モンスター 暗躍する次のアルカイダ』(中央公論新社)、『ハリウッド検視ファイル トーマス野口の遺言』(新潮社)、『ゼロデイ 米中露サイバー戦争が世界を破壊する』(文芸春秋)など多数ある。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top