「私益より公益」今こそ必要「渋沢的」起業家精神

執筆者:杜耕次 2021年1月13日
タグ: 日本
エリア: アジア
今年の大河ドラマ主人公、そして2024年には新紙幣(写真)の「顔」となる渋沢栄一。しかし重要なのはその精神だ[財務省提供](C)時事

 

 2021年に没後90年を迎える渋沢栄一(1840〜1931年)。「日本の資本主義の父」「近代銀行の祖」「不世出の起業家」「最初のフィランソロピスト(慈善事業家)」――等々、数多くの呼び名を持つ近代日本の巨人の1人である。2021年『NHK』大河ドラマの主人公としても再注目されている。

 とりわけ特筆すべきは、維新の黎明期に為替、銀行、証券取引、商工会議所(財界)といった日本経済のプラットフォームを矢継ぎ早に確立した後、自ら野に下り、500を超える企業の設立・発展に携わったことである。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top