菅首相「温暖化ガス排出ネットゼロ」は原発「再稼働・新設」の宣言

執筆者:鷲尾香一 2021年1月14日
タグ: 菅義偉 日本
エリア: アジア
昨年10月26日、衆議院本会議での所信表明演説で「2050年までの温暖化ガス排出量ゼロ」を打ち出したが、その本音は……(C)時事

 

 政府はいつの間に「原子力発電所を再稼働」し、さらには「原子力発電所を新設」することを決めたのか――。

 菅義偉首相が打ち出した「2050年までに温暖化ガス排出量ゼロ目標」を達成するための「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」には、堂々と原発の再稼働と新炉の開発が盛り込まれている。

あっさり覆った「所信表明」

 菅首相は2020年10月26日の所信表明演説で、「2050年までに温暖化ガスの排出量を実質ゼロにする」と宣言した。そして具体的方針として、

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
鷲尾香一 金融ジャーナリスト。本名は鈴木透。元ロイター通信編集委員。外国為替、債券、短期金融、株式の各市場を担当後、財務省、経済産業省、国土交通省、金融庁、検察庁、日本銀行、東京証券取引所などを担当。マクロ経済政策から企業ニュース、政治問題から社会問題まで様々な分野で取材・執筆活動を行っている。
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top