深層レポート 日本の政治
深層レポート 日本の政治 (225)

菅首相「不出馬」で混迷の自民党総裁選――勝敗のカギを握る党員・党友

2021年9月4日
命運は2日の夜に尽きた ⓒ時事
党役員人事の刷新と電撃解散――最後に画策した奇策は安倍・麻生両氏の見切りと各派閥の協力拒否で露と消えた。岸田、河野、石破の三氏を軸に「安倍・麻生」が推す高市氏も加わり、後任選びの見通しは大きく揺れ動いている。

 菅義偉首相が9月3日、次の自民党総裁選への不出馬を表明し、永田町に激震が走った。

 総裁選の告示日を17日に控え、二階俊博幹事長の交代を含む党役員人事や電撃解散で劣勢を挽回しようとしたが、「党のことを考えない私利私欲」などとかえって反発を招き、万策が尽きた。菅首相の不出馬表明を受け、パンドラの箱が開いたように河野太郎ワクチン担当相や石破茂元幹事長らも出馬準備を始めており、総裁選は混戦の様相を呈している。

菅首相が“選挙の顔”では戦えない

「新型コロナウイルス対策と総裁選の選挙活動を考えたとき、膨大なエネルギーが必要だった。両立はできない。どちらかに選択すべきだ。国民の皆さんにお約束を何回もしている新型コロナの感染拡大を防止するために私は専念をしたい。そういう判断をした」

カテゴリ: 政治
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top