航空業界に進出した「インドのウォーレン・バフェット」

執筆者:緒方麻也 2021年10月26日
ジュンジュンワーラ氏の著作「How To Make Money in Stock Market」

 インドの国営「エア・インディア(AI)」の民営化プロセスは10月8 日、かつてのオーナー・大手財閥タタ・グループへの売却という形で決着した。

 この一方、1人のカリスマ投資家が出資する新たな格安航空会社(LCC)の「アーカサ航空」がインド政府から参入を許可されたというニュースもビジネス界の注目を集めた。

7500円を元手に総資産58億ドルを築く

 来年夏の就航を目指す「アーカサ航空」に40%の出資を決めたのは、「インドのウォーレン・バフェット」と異名をとる投資家・ラケシュ・ジュンジュンワーラ氏(61)だ。

この記事だけをYahoo!ニュースで読む>>
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
執筆者プロフィール
緒方麻也 ジャーナリスト。4年間のインド駐在を含め、20年にわたってインド・パキスタンや南アジアの政治・経済の最前線を取材、分析している。「新興国において、経済成長こそがより多くの人を幸福にできる」というのが信条。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top