オデッサ、ヘルソン州攻防に影響:ロシア黒海艦隊旗艦「モスクワ」撃沈

執筆者:藤村純佳 2022年4月20日
エリア: ヨーロッパ
黒煙を上げる「モスクワ」とされる画像=ウクライナ高官のテレグラムより(C)時事
ロシア黒海艦隊の旗艦「モスクワ」が、ウクライナ軍の対艦ミサイル「ネプトゥーン」によって撃沈した。洋上の防空ミサイル陣地だった「モスクワ」の沈没は、戦局にいかなる影響を及ぼすのか。

 

 4月13日深夜、ロシア黒海艦隊旗艦のミサイル巡洋艦「モスクワ」がウクライナ南部のオデッサ(オデーサ)沖でウクライナ軍のミサイル攻撃を受け被弾炎上、のちに沈没したことが報じられた。

 ウクライナ側はウクライナ海軍沿岸砲兵部隊が発射した「ネプトゥーン」対艦ミサイルによって「モスクワ」に深刻な損傷を与えたと発表し、米国防総省も「2発の対艦ミサイルが命中した結果沈没した」との見方を公表した。

この記事だけをYahoo!ニュースで読む>>
カテゴリ: 政治 軍事・防衛
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
執筆者プロフィール
藤村純佳 軍事ライター。『月刊PANZER』『軍事研究』等の軍事専門誌にソ連・ロシアに関連した記事を寄稿。
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top