ロシア少数民族「ブリヤート共和国」が隠す戦死者という不都合な真実 

執筆者:西山美久 2022年9月16日
エリア: ヨーロッパ
ロシア・ウクライナ戦争の戦況も劣勢に転じつつある(C)EPA=時事
ウクライナ侵攻で戦死するロシア兵の多くがブリヤート共和国などの少数民族出身者だという。同共和国の首長は、その不都合な真実を隠し、9月11日の統一地方選で有利な選挙を展開した。一方で独立系メディアを中心に、こうした少数民族の兵士の戦闘拒否や、兵士の帰国を求める家族の声も伝えられている。 

 

 2022年9月11日にロシアで統一地方選挙が実施され、共和国や州など連邦構成主体(日本の都道府県に相当)の首長や地方議員が選ばれることになる。特に、各地方のトップを決める首長選挙は、①ウラジーミル州、②タンボフ州、③ヤロスラヴリ州、④トムスク州、⑤キーロフ州、⑥サラトフ州、⑦マリ・エル共和国、⑧リャザン州、⑨カリーニングラード州、⑩ブリヤート共和国、⑪ノヴゴロド州、⑫カレリヤ共和国、⑬ウドムルト共和国、⑭スヴェルドロフスク州の計14の連邦構成主体で行われた。

この記事だけをYahoo!ニュースで読む>>
カテゴリ: 政治 軍事・防衛
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
執筆者プロフィール
西山美久 北海道大学国際連携機構特任助教。九州大学大学院比較社会文化学府博士課程修了。筑紫女学園大学、長崎県立大学などで非常勤講師を務めたのち、2019年から現職。専門は現代ロシア政治。著書に『ロシアの愛国主義ープーチンが進める国民統合』(法政大学出版局、2018年)がある。
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top