まだまだボランティアが足りない

執筆者:出井康博 2011年8月1日
カテゴリ: 社会
エリア: 日本
陸前高田市の海岸近くに集められた瓦礫の山(写真はすべて筆者撮影)
陸前高田市の海岸近くに集められた瓦礫の山(写真はすべて筆者撮影)

 東日本大震災の被災地では、がれきの撤去作業が遅れているという。がれき撤去は復興に向けた第1歩だが、実態はどうなのか。暑い夏を迎え、現場では誰が、どんな作業をしているのか。それを確かめようと、筆者は7月中旬、2泊3日のボランティアでがれき撤去に参加した。  人口の10分の1近い約2000人が犠牲になった岩手県陸前高田市。津波で壊滅した中心街には今、病院やホテルなど大きな建物の残骸が残るだけだ。大半が更地となり、あちこちに高さ10メートルにも達するがれきの山ができている。一見、がれき撤去は順調に進んでいるようだ。しかし、中心街を少し離れると、全く違った風景に出会う。  筆者の作業現場となった一帯もそうだ。中心街から小高い丘を1つ越えた山間の集落には、押し潰された工場や自動車がいまだに無残な姿を晒していた。道路脇や民家の周辺にもがれきが散乱していて、中心街とは明らかに状況が違う。  現場近くでバスから降り、まず感じるのが腐臭だ。その臭いは、作業を行なう山裾に近づくほど増していく。地元名産の「気仙杉」の大木が並ぶ山の麓には、津波で打ちつけられた大量のヘドロが溜まっている。ヘドロには大きな木の柱や家具、衣類、金属製の道具類や漁網などが埋まっていて、まるでゴミ捨て場だ。それらを手作業で掘り出して1カ所に集めていくのが、その日のボランティアの仕事だった。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
出井康博 1965年、岡山県生れ。ジャーナリスト。早稲田大学政治経済学部卒。英字紙『日経ウィークリー』記者、米国黒人問題専門のシンクタンク「政治経済研究ジョイント・センター」(ワシントンDC)を経てフリーに。著書に、本サイト連載を大幅加筆した『ルポ ニッポン絶望工場」(講談社+α新書)、『長寿大国の虚構 外国人介護士の現場を追う』(新潮社)、『松下政経塾とは何か』(新潮新書)など。最新刊は『移民クライシス 偽装留学生、奴隷労働の最前線』(角川新書)
クローズアップ
comment:4
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top