堕ちゆく世界の迷走
堕ちゆく世界の迷走 (18)

欧米日の「金融緩和リレー」で再び流動性の宴を囃す人々

執筆者:青柳尚志 2012年2月23日
金融の追加緩和に動いた白川日銀総裁(c)時事
金融の追加緩和に動いた白川日銀総裁(c)時事

 総悲観のなかで、市場の空気は変わってきたということなのだろうか。日銀が2月14日に物価目標を打ち出したのを機に、円高修正の動きが起き、株式相場は勢いよく上昇しだした。悲観が強かった分、楽観に浸りたい気分は分かる。死角は債券市場と長期金利にある。  日銀が14日に決めたのは2つ。消費者物価指数で1%の上昇を、物価安定の「めど」として打ち出したこと。そして、長期国債の購入額をさらに10兆円増やす、金融の追加緩和に踏み切ったことである。日銀は動かないだろうと高をくくっていた市場参加者は、ポジティブ・サプライズ(嬉しい驚き)に見舞われた。  日銀事務方の中心にいる山口廣秀副総裁と雨宮正佳理事が知恵を出して、金融緩和を演出して見せたのは、訳がある。1月25日にバーナンキ議長の率いる米連邦準備制度理事会(FRB)が、2%という物価目標を打ち出し、ゼロ金利政策を継続する時間軸を2013年半ばから14年後半まで延ばしたからだ。

カテゴリ: 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
キャンペーンお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top