運用難の投資ファンドが「最後の大物」に群がる

執筆者:鷲尾香一 2006年9月号
タグ: 日本

景気の回復が再生案件を減らし、投資ファンドは資金の運用先に頭を悩ませている。必死にのばす触手の先には――。「MBOを検討している企業を紹介して欲しい」 証券会社の企業担当アナリストに、投資ファンドからの問い合わせが頻繁に寄せられているという。 MBOは、経営陣が投資ファンドなどから資金的な支援を受け、自ら経営する企業やその事業部門を買収する際に用いられる手法だ。もともとの用途は事業再編の一環だったが、最近では敵対的買収に対する防衛策として使われることが多い。 六月八日、すかいらーくは、横川竟会長兼最高経営責任者ら創業一族と経営陣がMBOを実施し、株式を非公開にすると発表。設立した特別目的会社(SPC)によるTOB(株式公開買い付け)も成立し、九月下旬に上場廃止となる見通しだ。

カテゴリ: 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
鷲尾香一 金融ジャーナリスト。本名は鈴木透。元ロイター通信編集委員。外国為替、債券、短期金融、株式の各市場を担当後、財務省、経済産業省、国土交通省、金融庁、検察庁、日本銀行、東京証券取引所などを担当。マクロ経済政策から企業ニュース、政治問題から社会問題まで様々な分野で取材・執筆活動を行っている。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top