白元「民事再生」の「奇っ怪」な舞台裏

執筆者:内木場重人 2014年10月2日
カテゴリ: 経済・ビジネス 金融
エリア: 日本
 創業91年目にして…… (C)時事
創業91年目にして…… (C)時事

 老舗日用品メーカー「白元」が9月1日、殺虫剤メーカー大手の「アース製薬」に75億円で全事業を譲渡した。5月29日に255億円の負債を抱えて民事再生法適用を申請していたが、スポンサーを獲得できずに自力再建を断念し、創業91年で歴史の幕を閉じた。

 白元の社名は一般に馴染みが深いとは言えないが、使い捨てカイロ「ホッカイロ」や保冷枕「アイスノン」など人気商品の知名度は高い。負債額も今年2番目(当時)の巨額。加えて、破綻時の社長・鎌田真(47)の創業家4代目、慶応卒のハーバード大MBA取得という毛並と華麗な経歴や、過去に丸川珠代・自民党参議院議員との浮名も流れたことなどから、破綻はマスコミでも話題となった。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
内木場重人 フォーサイト編集長
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top