「農林中央金庫」がただの銀行になる日

執筆者:鷲尾香一 2007年1月号
タグ: 日銀
エリア: 日本

預金総額は八十兆円に迫り立派な“メガバンク”。しかし、よって立つ肝心の農業の弱体化が、否応なしにビジネスモデルの変革を迫っている。「農業を棄てるのかと言われても困ってしまう。生き残りのための選択肢は限られているのだから」 農林中央金庫(農中)のある幹部は吐き捨てるようにそう言った。 二〇〇七年に最も注目されるテーマのひとつは、農業改革の行方だ。衰退産業と化した日本農業にふたたび国際的な競争力を取り戻せるかどうかは、ひとえに農家と補助金のあり方を根本的に変える「戦後農政の最大の見直し」の成否にかかる。ところが、政府系金融機関として発足し、完全民営化された後もなお農協系金融機関の全国組織であり続けた農中は、その結果を待たずして着々と自らの“存立基盤”から撤退を図りつつある。

カテゴリ: 政治 金融
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
鷲尾香一 金融ジャーナリスト。本名は鈴木透。元ロイター通信編集委員。外国為替、債券、短期金融、株式の各市場を担当後、財務省、経済産業省、国土交通省、金融庁、検察庁、日本銀行、東京証券取引所などを担当。マクロ経済政策から企業ニュース、政治問題から社会問題まで様々な分野で取材・執筆活動を行っている。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top