攻めに転じたみずほグループに長期政権の危機

執筆者:鷲尾香一 2007年3月号
カテゴリ: 経済・ビジネス 金融

ニューヨーク市場への上場を果たし、米国での金融持株会社の資格も得た。だが、慶事であるはずの財界人事が思わぬ波紋をよんでいる。 生産現場の杜撰な実態が発覚し経営危機に陥った不二家。生き残り策は、みずほフィナンシャルグループの掌中で練られたと言っていい。「現時点では断念せざるを得ない」 二月二日、当初から不二家への支援が有力視されていた森永製菓は「白旗」を掲げた。再建を主導することになったのは山崎製パン。明暗が逆転したのは前夜だった。トップ営業を得意とするみずほコーポレート銀行(CB)の斎藤宏頭取の仲介で、不二家の桜井康文社長と山崎製パンの飯島延浩社長が話し合いを行ない、両社の提携が固まったのだ。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
鷲尾香一 金融ジャーナリスト。本名は鈴木透。元ロイター通信編集委員。外国為替、債券、短期金融、株式の各市場を担当後、財務省、経済産業省、国土交通省、金融庁、検察庁、日本銀行、東京証券取引所などを担当。マクロ経済政策から企業ニュース、政治問題から社会問題まで様々な分野で取材・執筆活動を行っている。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top