ブックハンティング・クラシックス (31)

安倍首相が読むには時期尚早? ニクソンの描く「偉大な指導者像」

執筆者:会田弘継 2007年9月号
エリア: 北米

『指導者とは』リチャード・ニクソン著/徳岡孝夫訳文藝春秋 1986年刊 リチャード・ニクソンほど複雑で、誤解されているアメリカ大統領はいないだろう。 それは分かっている、と多くの人はいうかもしれない。米中和解を遂げ、泥沼のベトナムから米軍を撤退させた一方で、ウォーターゲート事件のため史上初めて任期半ばで辞任せざるを得なくなった大統領。その栄光と汚辱。すぐれた外交戦略を持ちながら、内政において挫折した。アメリカ現代史を知る人なら、そんなイメージを抱く。 だが、外政家ニクソンだけを評価する人は、次のようなエピソードをどうみるだろうか。

カテゴリ: カルチャー
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
執筆者プロフィール
会田弘継 関西大学客員教授、ジャーナリスト。1951年生まれ。東京外語大英米語科卒。共同通信ジュネーブ支局長、ワシントン支局長、論説委員長などを務め、現在は共同通信客員論税委員、関西大学客員教授。近著に『世界の知性が語る「特別な日本』』 (新潮新書)『破綻するアメリカ』(岩波現代全書)、『トランプ現象とアメリカ保守思想』(左右社)、『増補改訂版 追跡・アメリカの思想家たち』(中公文庫)など。訳書にフランシス・フクヤマ著『政治の衰退』(講談社)など。
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top