システム障害でわかった「信金中金」の病原

執筆者:鷲尾香一 2008年6月号
カテゴリ: 経済・ビジネス 金融

実は優良金融機関。しかし、決済の集中日に起こった大システム障害で、天下りトップの無能ぶりが見事に露呈した。「うちのお客様が取引相手に送金しようとしても送れないので、私が直接お客様の取引相手に現金を届けに行ったんですよ。するとその会社が暴力団の関連企業で怒鳴られたり脅されたり……いやはや大変な目に遭いました」 苦虫を噛み潰したような表情でそう語るのは、都内のある信用金庫の職員だ。 二月二十五日、全国二百八十二の信用金庫が加入している全国信用金庫データ通信システム(全信金システム)が突然動かなくなり、七十四万件の送金ができなくなった。彼はその大規模なシステム障害のいわば“被害者”である。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
鷲尾香一 金融ジャーナリスト。本名は鈴木透。元ロイター通信編集委員。外国為替、債券、短期金融、株式の各市場を担当後、財務省、経済産業省、国土交通省、金融庁、検察庁、日本銀行、東京証券取引所などを担当。マクロ経済政策から企業ニュース、政治問題から社会問題まで様々な分野で取材・執筆活動を行っている。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top