悪評紛々「信金中金」の責任逃れ

執筆者:鷲尾香一 2009年3月号
タグ: 日本

「せっかく作ったのに、なぜ、どこも申請してこないんだ」 昨年末、佐藤隆文金融庁長官との話し合いの場で、中川昭一財務・金融相は怒りをあらわにした。金融機関への公的資金注入を可能とした改正金融機能強化法をもっと金融機関に使わせろという“恫喝”だった。 一月中旬、第二地方銀行協会の会長行を務める札幌北洋ホールディングス(北海道)が公的資金注入の申請を検討していることが明らかになる。実は、同行の横内龍三頭取はその一カ月前のインタビューで、公的資金の受け入れを「全く考えていない」と述べていた。それが一転して申請に向かったのはなぜか。

カテゴリ: 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
鷲尾香一 金融ジャーナリスト。本名は鈴木透。元ロイター通信編集委員。外国為替、債券、短期金融、株式の各市場を担当後、財務省、経済産業省、国土交通省、金融庁、検察庁、日本銀行、東京証券取引所などを担当。マクロ経済政策から企業ニュース、政治問題から社会問題まで様々な分野で取材・執筆活動を行っている。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top