深層レポート 日本の政治
深層レポート 日本の政治 (25)

首相は吼え、「その他大勢」は荒れる

執筆者: 2002年1月号
エリア: アジア

「今年最後の諮問会議ということで、今振り返ると、今までできないと思われたことをかなりやってきました。皆さん方のお蔭です」 二〇〇二年度政府予算案を閣議決定した翌日の十二月二十五日の経済財政諮問会議。進行役の竹中平蔵経済財政担当相から「ご挨拶を」と促された小泉純一郎首相は、「待ってました」とばかり、小泉改革八カ月の成果をまくし立てた。「道路財源の見直しでも、政権発足直後は『こんなのけしからん』という声だったが、それが当たり前になって、現実に重量税について一般財源とした」「道路四公団の民営化も『とんでもない』と言われたが、秋頃からは民営化は当然。住宅金融公庫の話などは『とんでもない』という議論が専門家からもあったが、それも廃止。着実に進んでいる」「一兆円の特殊法人の歳出削減も『三年かかる』と言われていた。診療報酬引き下げも初めて。『とんでもない』ということが極めて冷静に、円滑に決着を見た」

カテゴリ: 政治 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top