「遊民経済学」への招待
「遊民経済学」への招待 (18)

信長はやはり楽しい

執筆者:吉崎達彦 2015年11月28日
タグ: 日本
エリア: アジア
信州・上田の紅葉

 11月13日に長野県上田市を訪れる機会があった。
 上田駅までは北陸新幹線で1時間半弱。この路線は今年3月までは長野新幹線であったわけだが、金沢駅まで延伸したことにより、上田駅では本数が減って不便になったとのことである。
 当連載の第1回で取り上げた北陸新幹線は、日経トレンディ誌の「2015年ヒット商品ベスト30」の堂々第1位に輝き、ユーキャン新語・流行語大賞にも選ばれそうな勢い(発表は12月1日)だが、光あるところには陰もある。富山県出身で北陸新幹線の受益者の1人としては、小さな声で「ごめんね」と言わねばならない。
 地元の人が「先週が見頃でした」と言っていたけれども、信州・上田の紅葉はなかなかのものであった。上田城址公園は観光客でにぎわっていたし、上田市立博物館と上田城櫓の入場料が併せて250円というのも今どきお値打ちである。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
吉崎達彦 双日総合研究所チーフエコノミスト。1960年(昭和35年)富山市生まれ。一橋大学社会学部卒業後、1984年日商岩井(現双日)に入社。米国ブルッキングス研究所客員研究員、経済同友会調査役などを経て現職。新聞・経済誌・週刊誌等への執筆の他、「サンデープロジェクト」等TVでも活躍。また、自身のホームページ「溜池通信」では、アメリカを中心に世界の政治経済について鋭く分析したレポートを配信中。著書に『溜池通信 いかにもこれが経済』(日本経済新聞出版社)、『1985年』(新潮新書)など、共著に『ヤバい日本経済』(東洋経済新報社)がある。
キャンペーンお申し込み
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top