【火】「国債市場」崩壊、ルビオ氏「撤退」

執筆者:フォーサイト編集部 2016年3月15日

本日の更新記事は、鷲尾香一さんの「『マイナス金利』で崩壊が始まった『国債市場』の危険度」です。本来なら銀行の資金を企業融資に回し、景気をよくする狙いで始められた「マイナス金利」政策。が、健全であるべき国債市場の崩壊も招き、このままでは国の金融政策に悪影響も。

 

また、「専門家の部屋」の「アメリカ」には、「『撤退』の瀬戸際に立たされた共和党『ルビオ上院議員』」(足立正彦さん)の新エントリ。米時間明日(15日)に行われる「ミニ・スーパーチューズデー」。これ以後、勝者が代議員を総取りする方式に変わるため、大勢が決しそう。ルビオ氏「撤退」の可能性が高まっています。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top