【火】フリン次期補佐官、国民投票法

執筆者:フォーサイト編集部 2016年12月13日
タグ: 憲法改正

昨日午後、「専門家の部屋」の「インテリジェンス」に「『フリン米次期大統領補佐官』の『危うい資質』が問題に」(春名幹男さん)の新エントリ。着々と進みつつあるかに見えるトランプ新政権人事ですが、肝心かなめの国家安全保障問題担当補佐官、何かと危なっかしい人物のようです。

そして今朝は「専門家の部屋」の「憲法」に、「憲法改正の通過点『国民投票』のルールと問題点」(今井一さん)のエントリです。憲法改正には国民投票が必須ですが、そのルールが定められたのは、わずか10年前のこと。案外知られていないその内容、そして改善すべき点とは。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top