【月】ウイメンズ・マーチ、エルサレム、
   シリア安全地帯、小説

執筆者:フォーサイト編集部 2017年1月30日
カテゴリ: 政治 社会 IT・メディア
エリア: 北米

先週末に、高杉良さんの小説「小説・めぐみ園の夏(21)」をアップロードしました。亮平を養子に迎え入れたい気持ちを諦めきれない思いが切々と綴られていた稲垣先生の手紙を読み、いっとき気持ちが揺れる亮平だったが、やはり伯父・保に相談に行くべきだと決意する――。

本日の更新記事は、青木冨貴子さんの「ニューヨーク発(3)トランプ新大統領誕生『米暗黒時代』に起きた『ウイメンズ・マーチ』の力」です。トランプ就任式翌日に首都ワシントンで始まった「ウイメンズ・マーチ」は、全米50州に広がりました。筆者の青木冨貴子さんは「暗黒の時代に一筋の炎」と評します。

「専門家の部屋」では、「安全保障」に「国際法無視の中国『海洋国土』論(下)空母『遼寧』と『砲艦外交』への対応」(伊藤俊幸さん)の新エントリ。年末年始、空母「遼寧」を西太平洋に進出させた中国。大国のプライドがそうさせたのでしょうが、実力不足は否めません。対するアメリカは、空母打撃群をアジア・太平洋に。

「池内恵の中東通信」では、2本の新エントリ。

「在イスラエル米大使館のエルサレム移転問題はとりあえず先延ばし」:米国にとっての戦略的な利益はほとんどなく、中東政策の理念だけでなく実効性を一層失わせることは確実の「悪手」であるだけに、先送りに胸をなでおろす人が多くいるでしょう。

「トランプの難民受け入れ停止大統領令からシリア『安全地帯』構想は削除」:トランプの難民受け入れ停止大統領令により、多大な波紋が広がる。一方、同時に命じられると報じられていた、シリア内部に「安全地帯」を設定するという「代替策」は削除された模様。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top