「本命不在」で迷走する次期「日銀総裁」人事

執筆者:鷲尾香一 2017年4月10日
エリア: アジア
「続投」の可能性がないわけでもない黒田総裁だが……(C)時事

 

 黒田東彦・日本銀行総裁の2018年4月8日の任期終了まで1年を切った。日銀総裁人事は国会承認事項のため、次期総裁を誰にするのかという根回し期間を考えれば、そろそろ候補者の名前が挙がってきてもよさそうなものだが、本命不在の状態だ。

 過去の日銀総裁人事は、日銀プロパーと旧大蔵省(現財務省)のOBが総裁と副総裁を交互に努める“たすき掛け人事”が行われていたが、1997年の日銀法改正とともに終焉を迎え、黒田氏までの日銀総裁は、速水優氏、福井俊彦氏、白川方明氏と日銀OBが3代続いた。

カテゴリ: 政治 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
鷲尾香一 金融ジャーナリスト。本名は鈴木透。元ロイター通信編集委員。外国為替、債券、短期金融、株式の各市場を担当後、財務省、経済産業省、国土交通省、金融庁、検察庁、日本銀行、東京証券取引所などを担当。マクロ経済政策から企業ニュース、政治問題から社会問題まで様々な分野で取材・執筆活動を行っている。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top