【月】米中、北有事、日本核武装、米政権

執筆者:フォーサイト編集部 2017年4月17日
タグ: 習近平

先週末、「専門家の部屋」の「中国・台湾」と「安全保障」に下記の通り新エントリがありました。

勝者なき米中首脳会談:「攻め」のトランプ「受け」の習近平(中国・台湾の部屋、野嶋剛さん)世界から注目を集めた米中首脳会談でしたが、攻勢をかけるトランプ大統領と守勢に回る習近平国家主席という構図。中国は大々的に「成功」をアピールしていますが、成果はあったのでしょうか。

 

北朝鮮有事:「日本国民」に「覚悟」はあるか(安全保障の部屋、林吉永さん)米艦隊の朝鮮半島海域への急派によって、「窮鼠」となった北朝鮮。一方、安倍首相がアメリカの行動を支持し後押ししたため、「窮鼠」は日本をも噛みかねません。が、日本国民にその覚悟はできているでしょうか。

 

また、冨澤暉さんの好評連載「軍事のコモンセンス」第16回「日本核武装の是非とその可能性」もアップロード。近隣情勢の悪化により、にわかに高まってきた「日本核武装論」。しかしそれは必要なのか、可能なのか。様々な面から考察します。

 

そして本日の更新記事は、「アメリカの部屋」の下記記事です。

「ロシア懐疑派」マクマスター大統領補佐官主導の「NSC再編」(足立正彦さん)NSCからバノン氏を”放逐”し、腹心となる次席補佐官もすげ替えたマクマスター氏。安全保障に関しては今後、この人が主導権を握ることになります。

 

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top