日銀「敗軍の将」黒田総裁は今こそ「兵を語る」べし!

執筆者:鷲尾香一 2017年7月28日
カテゴリ: 経済・ビジネス 金融
エリア: 北米 日本
黙ってばかりでは何も分からないし信頼は生まれない(C)時事

 

 7月20日、日本銀行は金融政策決定会合で、政策目標である「物価上昇率2%」の達成時期を、従来の「2018年度頃」から「2019年度頃」に先送りした。会合後の記者会見では、「物価の見通しを何度も下方修正したり先送りすることによって、日銀の言うことが信用されなくなる、あるいは信用されなくなっているという認識を持っているのか」と、黒田東彦日銀総裁に対して厳しい質問が相次いだ。だが、黒田総裁は、「努力にもかかわらず、物価の見通しが外れ、2%に達する時期が先送りされていること自体は、見通しの誤りであることは事実です。ただ、欧米の中央銀行も含めて、あるいはIMF(国際通貨基金)やOECD(経済協力開発機構)も含めて、このところずっとそういう状況になっており」と、むしろ開き直りとも取れる回答に終始した。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
鷲尾香一 金融ジャーナリスト。本名は鈴木透。元ロイター通信編集委員。外国為替、債券、短期金融、株式の各市場を担当後、財務省、経済産業省、国土交通省、金融庁、検察庁、日本銀行、東京証券取引所などを担当。マクロ経済政策から企業ニュース、政治問題から社会問題まで様々な分野で取材・執筆活動を行っている。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top