【水】ドイツ難民問題、ジャーナリズム

執筆者:フォーサイト編集部 2017年9月27日
カテゴリ:

昨日午後、以下の記事をアップロードしました。

ハンガリーの「元移民」から見た「ドイツ総選挙」の影響(MRICの部屋・医療ガバナンス学会):ハンガリーで学ぶ医学生が、ドイツからの留学生たちと話し合って感じたことです。彼らの親たち世代はかつての「移民」。苦労を強いられただけに、いまの政策には大反対だといいます。

 

そして本日の更新記事は、白戸圭一さんの「【ブックハンティング】『パナマ文書』報道の内幕で知る日本マスメディアの『閉塞』」です。「夜討ち朝駆け」こそが、日本のジャーナリズムを閉塞状況に追い込んでいるのかもしれません。2年前、世界を震撼させた「パナマ文書」報道がそのことを如実に示しています。

 

 

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top