【水】日米「ゴルフ外交」、中曽根初外遊

執筆者:フォーサイト編集部 2017年11月8日
カテゴリ:

昨日午後、舩越園子さんの連載「風の向こう側(11)『ゴルフ外交』で発揮されたトランプ大統領の『アンバサダー』効果」をアップロードしました。日本でも繰り広げられた、日米「ゴルフ外交」。その背景には、トランプ大統領とゴルフ界との深い関係がありました。

 

そして本日の更新記事は、北岡伸一さんの連載「日本人のフロンティア(8)1950年の『世界』と『日本』――中曽根康弘の欧米旅行」です。67年前、32歳の青年政治家・中曽根康弘はアメリカを、ヨーロッパをどう見て歩いたのか、その後日本はどう変わっていったのか、考察します。

 

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top