饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(240)

「儀礼と夕食会」では大成功だった「南北首脳会談」

執筆者:西川恵 2018年5月7日
エリア: 朝鮮半島
グラスをわしづかみする文在寅大統領とスマートにもつ金正恩委員長。両夫人のファッションにも注目(C)AFP=時事

 

 首脳外交は内容と見かけの2つが重要だ。なぜ見かけも大切なのか。それは巧みなパフォーマンスは交渉の成功を印象付け、首脳らの指導力を見せつける効果があるからだ。板門店で行われた北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と韓国の文在寅大統領の南北首脳会談は、内容の面では目新しいものはなかったが、見かけの点では大成功だった。

 4月27日、首脳会談を終えた両首脳は、同日午後6時40分から「平和の家」で夕食会に臨んだ。両国合わせて約70人が出席。冒頭、文大統領が高揚感溢れる面持ちで「自由に行き来できるその日のために乾杯!」とシャンパングラスを挙げた。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)、さらに『知られざる皇室外交』(角川書店)が発売中。
クローズアップ
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top