国際人のための日本古代史
国際人のための日本古代史(101)

「謀反」ではなかった「磐井の乱」の深層

執筆者:関裕二 2018年7月6日
カテゴリ: 国際 文化・歴史
エリア: 朝鮮半島 日本
磐井の墓と考えられている岩戸山古墳(福岡県八女市)の石人・石馬(筆者撮影)

 

 6月、ドナルド・トランプ米大統領と金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の歴史的会談が行われたが、具体的になにも決まっていない。朝鮮半島情勢は、むしろ泥沼化したようにも見える。だから、一寸先の東アジア情勢が読めない。地政学的な宿命から、朝鮮半島はいつ抜け出すのだろう。もちろん、日本も他人事ではない。

朝鮮半島に軍事力で影響

 古代の朝鮮半島も、周囲の大国に翻弄され続けた。『魏志倭人伝』などに登場する朝鮮半島の「楽浪郡」や「帯方郡」は、漢や魏が支配していた土地だ。朝鮮半島南部の百済、新羅、伽耶(小国家群)が国の形を整えるのは、4世紀に中国の王朝が衰退してからなのだが、その後、今度は北方の騎馬民族国家・高句麗が、南下政策をとりはじめ、半島南部を圧迫した。そこで彼らがあてにしたのは、背後の憂いのない倭国(ヤマト政権)の軍事力だった。5世紀の「倭の五王」が東アジアで注目を浴びるようになったのは、朝鮮半島に遠征軍を送り込むことができたからだ。ヤマト政権は、「半島国家の生き残りを賭けた死闘」に、引きずり込まれていたわけだ。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
関裕二 1959年千葉県生れ。仏教美術に魅せられ日本古代史を研究。『藤原氏の正体』『蘇我氏の正体』『物部氏の正体』(以上、新潮文庫)、『伊勢神宮の暗号』(講談社)、『天皇名の暗号』(芸文社)、『「死の国」熊野と巡礼の道: 古代史謎解き紀行』 (新潮文庫)など著書多数。最新刊に『神武天皇 vs. 卑弥呼 ヤマト建国を推理する』(新潮新書)、『古代日本人と朝鮮半島』(PHP文庫)がある。
クローズアップ
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top