バングラデシュ「医療改善」への挑戦

執筆者:医療ガバナンス学会 2018年8月10日
カテゴリ: 国際 医療 社会
バングラデシュの薬局が並ぶ街並み(筆者撮影、以下同)

 

【筆者:森田知宏相馬中央病院内科医(詳細プロフィールは下記参照)

 私は現在、福島県相馬市で内科医をしながら、「miup」という会社の役員としてバングラデシュで医療サービスを展開している[注1・末尾参照]。

 この会社は、学生時代から途上国開発研究を行っていた酒匂真理が、バイオインフォマティクスを専門とする長谷川嵩矩(東京大学医科学研究所ヘルスインテリジェンスセンター助教)、山田智之(Genomedia代表取締役)とともに立ち上げたスタートアップだ。9月からはコニカミノルタとともに採択されたJICA(国際協力機構)の「途上国の課題解決型ビジネス(SDGsビジネス)調査」が本格的に開始され、モバイル医療機器などを利用した遠隔での健康診断調査が行われる準備を進めている。本稿では、バングラデシュの医療事情についてご紹介したい。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
医療ガバナンス学会 広く一般市民を対象として、医療と社会の間に生じる諸問題をガバナンスという視点から解決し、市民の医療生活の向上に寄与するとともに、啓発活動を行っていくことを目的として設立された「特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所」が主催する研究会が「医療ガバナンス学会」である。元東京大学医科学研究所特任教授の上昌広氏が理事長を務め、医療関係者など約5万人が購読するメールマガジン「MRIC(医療ガバナンス学会)」も発行する。「MRICの部屋」では、このメルマガで配信された記事も転載する。
クローズアップ
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top