「民間運営」導入で「日本の水道」が危ない!(下)

執筆者:鷲尾香一 2018年12月19日
エリア: 日本
不測の事態が起きた時の対応も気になる (C)AFP=時事

 

 日本は水に恵まれた国だ。狭い平野の背後に、急峻な山々を抱えていることから、水量が豊富な川が多く流れている。その上、水道水は直接飲めるほど安全性が高い。しかし、今、日本の水道事業は大きな曲がり角を迎えている。

水に恵まれた日本

 島国であるため、日本には「国際河川」がない。国際河川とは、複数の国をまたがって流れる川を指す。国際河川は世界に約260本あり、国際河川が流れている国は約140カ国ある。こうした国際河川が流れる国々では、時として水紛争が発生する。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
鷲尾香一 金融ジャーナリスト。金融業界紙、通信社などを経てフリーに。
クローズアップ
comment:5
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top