風が時間を
風が時間を (38)

まことの弱法師(38)

 大森実氏は北ベトナム政府の招待でハノイに行ったとき、米空軍の北ベトナム爆撃のニュース映画を見せられ、小児病院が爆撃される様子を書いて米軍の非人道性を記事にした。

 記事はライシャワー駐日米大使の「プロパガンダ映画の鵜呑みは疑問だ」との批判を招いた。

 毎日新聞は言論の自由への米政府の攻撃と受け止め、論争になった。大森氏が社を辞めることになった原因である。結局大森氏は退社し、毎日は大使の批判を突っぱね一件は平行線のうちに終わった。

 そのとき私は『サンデー毎日』記者だったが、米政府に対抗する論戦に加わることはしなかった。シラキュース大学院では「言論の自由は、新聞を批判する側にも正当なスペースを与えなければならない」と教えていて、私は社の態度を完全には正当化できなかったからである。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top